お知らせ

拙著電子書籍「おもしろいほどわかる! 200万人のための簿記」がベストセラー1位となりました❗

2017年02月02日 10:37

実物及び実物を模した証憑だけを用意し、



連続した2会計期間の取引事例を 会話で学びつつ、



わが国簿記会計史上の懸案である学校簿記と会計実務の体系的統合に挑み、



経理・財務を志す すべての人をずっと支えて



FASSや日商電子会計実務検定等のコンピュータ会計検定にも対応した、



昨日までなかった簿記会計書




おもしろいほどわかる! 200万人のための簿記






Amazonキンドルストアにて発売中!






ベストセラー1位




(ビジネス関連部門)





となりました !


日本会計アカデミー所長が長年温めてきた会計実務テキストの決定版です。この度、動画ガイダンスも完成しましたので、ご覧いただければ誠に幸いです。


http://www.amazon.co.jp/%E5%AF%BA%E5%B3%B6%E6%B0%B...



定価 1,040円(フルカラー)。


特長その1

さしく解説するとともに、それらの資料と会計実務上の最

 重要行為である仕訳との関係を明らかにし学習効果が高ま

るようにしました。


特長その2

実物の資料だけを用意する総合取引事例を連続2期間で設
け、手書き形式とコンピュータ会計方式の両方で解説する
とともに、日本商工会議所主催の「電子会計実務検定試験」、
全国経理教育協会主催の「コンピュータ会計能力検定試験」、
コンピュータソフトウェア協会主催の「会計ソフト実務能
力試験」合格レベルの主な論点を盛り込んで模擬試験問題
・解説・解答を作成し学習効果が高まるようにしました。


特長その3

 最近注目を集めている会計実務検定試験として、経済産業
省の委託を受けて実施・運営され会計処理の実務スキルを測
る上で精度が高いとの評価を得ている日本CFO協会が主
催する「経理・財務スキル検定」(FASS)があり、この
FASS検定の主な論点について模擬試験問題と解説・解答
を収め学習効果が高まるようにしました。

おもしろいほどわかる!
 200万人のための簿記

このような方々に、ぜひお薦めです!

組 織 体 対 象 者      目  的   
一般法人企業 の    経理部・財務部新人教育者    ★社員教育担当責任者通読
    経理部・財務部配属新入社員  ★新入社員熟読・能力増強


  大学・専門学校       教   師     ★簿記・会計学の背景にある証憑の        実物を用いたサブテキスト&演習
職業訓練校・高校 学生・生徒     ★簿記検定試験合格の立体的学習




個人事業企業     経 営 者    ★資金管理・予算管理の理解
   経理担当者    ★青色申告・給与計算資料の作成等

     
図 書 館    図書館司書    ★簿記会計書利用者の利用環境
          (収集・分類・整理)の整備
学校図書館    学校司書    ★簿記会計書利用者の相談対応



著者略歴 寺島 永藏(てらしま えいぞう)

早稲田大学商学部卒業後、専門学校簿紀講師を経て旧労働省関係団体
(現厚生労働省所管独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構)
職業訓練指導員、職業訓練課長、職業訓練部長を歴任。


労働大臣賞(現厚生労働大臣賞)受賞。


◆農林水産省構造改善局簿記講師

◆旧通産省(現経済産業省)所管中小企業大学校簿記実務講師

◆職業訓練大学校(現職業能力開発総合大学校)簿記研究委員

◆外務省・JICAよりインドネシアへ職業訓練専門家として短期派遣

◆近畿福祉大学(現近畿医療福祉大学)非常勤講師(簿記原理)

◆法務省・川越少年刑務所簿記クラブ講師

を歴任

◆2010年4月 平成の松下村塾を目指し、会計学と会計実務の体系的統合を図る私塾兼研究所・日本会計アカデミーを設立し、所長就任。会計学と哲学の調和をテーマとする国政をあずかる人材の会計倫理構築に夢を馳せ、衆参の国会議員会館で開催される勉強会にも出席、理性と感性を錬磨中。

就労支援を視野に入れ、次代を担う幅広い層の有能な人材を輩出すべく、鋭意指導・支援中。

◆2017年1月 東京・中野サンプラザにて「新春・落語風 簿記講演会」を開催。中央大学法科大学院教授、あかつき税理士法人代表社員を来賓に迎え、トーマツ監査法人パートナー公認会計士、西武文理大学教授等の多士済々の皆様m参集されて盛大な活況を呈した。

著書

◆絵とき日商簿記入門テキスト

◆CAI学習によるパソコン簿記・仕訳(オーム 社)

◆新経理実務大事典』(産業調査会)

ほか論文多数がある。




大学・企業に対する出張講義・講演


を承ります!



【大学・企業等に対する実施可能な出張講義・講演等】
   簿記原理、財務会計論、管理会計論、コンピュータ会計論、会計実務特論、社会福祉法人会計 論、法人税法概論

【助言・支援可能な活動の分野等】
   新人経理事務員養成・育成、就労支援(面接応対技能等)▼ 【マスコミ(新聞・TV等)へのコメント可能テーマ】▼ 会計実務教育のあり方、学校会計教育のあり方、▼ 法人税法教育のあり方、コンピュータ会計教育のあり方▼


お問合せ先   日本会計アカデミー事務局
▼ 〒355-0216

埼玉県比企郡嵐山町3-2-12
℡ 090-4598-1725
▼ ホームページ http://na-academy.jp
メールアドレス info@na-academy.jp


目    次

1章  企業の簿記と小遣い帳の違い
1・1  桃の花が満開の4月上旬
1・2  西洋式簿記の紹介と会計制度の構築に情熱を注いだ二人の偉人
1・3  簿記の目的
1・4  簿記の定義
1・5  簿記の基礎概念
1・5-1  資産・負債・資本(純資産)
1・5-2  貸借対照表項目の名前と分類等の復習問題【演習 1】【演習 2】す
1・5-3  期首貸借対照表の作成〈例題 1〉
1・5-4  期末貸借対照表の作成〈例題 2〉
1・5-5  貸借対照表に関する等式の復習問題【演習 3】
1・5-6 図解による攻略
1・5-7 貸借対照表の限界とその克服:損益計算書の必要性!
1・5-8  損益計算書の必要性
1・5-9  収益・費用
1・5-10  損益計算書項目の名前と分類等の復習問題【演習 4】
1・5-11  損益計算書の作成〈例題 3〉
1・5-12  B/S、P/Lに関する等式の復習問題【演習 5】【演習 6】
1・5-13  B/S、P/L作成に関する復習問題【演習 7】
1・6  小遣い帳から貸借対照表と損益計算書を作ってみた!
1・6-1  財政状態と経営成績の観点から見た小遣い帳の実態
 
2章  取引と勘定
2・1  取引の意義
2・1-1  簿記でいう取引と一般でいう取引
2・2  勘定の意味
2・2-1  勘定の体系と記入原則
2・3  取引の8要素と結びつき
2・3-1  取引要素の組合せと取引の種類
2・3-2  取引の意味と種類の復習問題【演習 8】
2・3-3  勘定とその記入に関する復習問題【演習 9】

3章  証憑(しようひよう)・勘定科目・仕訳(しわけ)
3・1  証憑(しょうひよう)の意味
  3・1-1  現金による費用の支払い(レシートと領収証)
3・1-2  レシートと領収証の相違点
  3・1-3  現金による販売(売上伝票の利用)
3・1-4  クレジットカードによる費用の支払いに関する証憑
3・1-5  クレジットカード利用明細書の記入例
3・1-6  カード利用日に発行される証憑の見本
3・2  仕訳の意味・転記の意味
  3・2-1  仕訳・転記の復習問題【演習 10】【演習 11】
3・3  会計実務で使われる証憑・勘定科目・仕訳
3・3-1  個人事業主が国に提出する貸借対照表
3・3-2  個人事業主が国に提出する損益計算書
3・4  現金
3・4-1  郵便為替証書の見本(1) 定額小為替証書
3・4-2  郵便為替証書の見本(2) 普通為替証書
3・4-3  配当金領収証の見本(1) 中間配当金領収証
3・4-4  配当金領収証の見本(2) 期末配当金領収証 その①
3・4-5  配当金領収証の見本(3) 期末配当金領収証 その②
3・4-6  公債(公債利札)の見本
3・5  当座預金
3・5-1 チェックライター
3・5-2 【経理・財務スキル検定(FASS)の模擬試験問題①【演習 12】
3・5-3 小切手帳表紙
3・5-4 小切手帳の記入例
3・5-5 【経理・財務スキル検定(FASS)の模擬試験問題②【演習 13】
3・5-6 当座預金出納帳
  3・5-7 当座勘定残高通知書
3・5-8 企業活動に登場するさまざまな小切手のすがた
3・5-9 銀行勘定調整表の記入例
3・5-10 当座預金の復習問題【演習 14】
3・6  定期預金・その他預金
3・6-1  預金通帳の記入例
3・7  手形の会計処理
3・7-1  約束手形の記入例
3・8  商品売買のすがたと証憑の種類
3・8-1  見積書の記入例
  3・8-2  注文書の記入例
3・8-3  納品書の記入例
  3・8-4  請求書の記入例
  3・8-5  領収書の記入例
3・9  売上の計上時期
3・9-1  経理・財務スキル検定(FASS)の模擬試験問題③【演習 15】
3・10  売掛金の回収確
3・10-1  売掛金の締め・請求・回収に係る図解と仕訳
3・11  売掛債権管理
3・11-1  滞留債権一覧表
3・11-2  経理・財務スキル検定(FASS)の模擬試験問題④【演習 16】
3・11-3  経理・財務スキル検定(FASS)の模擬試験問題⑤【演習 17】
3・11-4  経理・財務スキル検定(FASS)の模擬試験問題⑥【演習 18】
3・12  仕入の計上時期
3・12-1  経理・財務スキル検定(FASS)の模擬試験問題⑦【演習 19】
  3・12-2  経理・財務スキル検定(FASS)の模擬試験問題⑧【演習 20】
3・13  仕入代金の支払いと総合振込依頼書
3・13-1  総合振込依頼書の記入例
3・14  給料の支払い
3・14-1  給料支払明細書の記入例
3・14-2  給料支払明細書の図解
3・14-3  給料支払明細一覧表の記入例
3・14-4  全国健康保険協会 健康保険・厚生年金保険の保険料額表(資料1)
3・14-5  厚生労働省告示・雇用保険料率(資料2)
3・14-6  所得税改正のあらまし・税務署資料(資料3)
3・14-7  国税庁・資料(資料4)
3・14-8  国税庁・資料(資料5)
3・14-9  埼玉県ホームページ資料(資料6)
3・14-10  埼玉県志木市ホームページ・資料(資料7)
3・15  棚卸資産の会計処理
3・16  商品の出入りに関する帳簿(商品有高帳)の記入方法
3・16-1  商品有高帳の作成〈例題 4〉
3・16-2  経理・財務スキル検定(FASS)の模擬試験問題⑨【演習 21】
3・17  商品在庫の調査
3・18  固定資産の購入の会計処理
3・19  固定資産の減価償却の会計処理(1)定額法
3・20  固定資産の減価償却の会計処理(2)定率法
3・20-1  200%定率法による計算例
3・20-2  経理・財務スキル検定(FASS)の模擬試験問題⑩【演習 22】
3・20-3  経理・財務スキル検定(FASS)の模擬試験問題⑪【演習 23】

4章  元帳・試算表・精算表・財務諸表・伝票
4・1  元帳の意味
4・2  総合取引事例の取引ごとの仕訳・転記(荒川商事株式会社の月次第1期)
  4・2-1  総合取引事例の取引のすべての転記【演習 24】
  4・2-2  【演習 24】の解答
4・3  試算表の意味
  4・3-1  総合取引事例の取引の合計残高試算表の作成【演習 25】
  4・3-2  【演習 25】の解答
4・4  精算表の意味
  4・4-1  総合取引事例の取引の精算表の作成【演習 26】
4・5  財務諸表の意味
4・5-1 財務諸表(計算書類等)を取り巻く背景のとそのすがた
4・5-2 貸借対照表の発展的学
4・5-3 株券の見本(表面)
4・5-4 株券の見本(裏面)
4・5-5 損益計算書の発展的学習
4・5-6 株主に送られてくる実際の財務諸表(一部)
4・6  伝票の意味

5章  総合事例問題
5・1  会社の基本情報
  5・1-1   荒川商事株式会社の基本情報
5・2  会計実務を行うための資料
5・3  日本商工会議所・電子会計実務検定試験初級の模擬試験問題(1)
5・3-1   荒川商事株式会社の第1期6月度(月次第1期)証憑等の資料
5・3-2   模擬試験問題(1)【演習 27】
5・3-3   会計ソフトを利用した情報結果(1)
 5・3-3-1   仕訳日記帳
 5・3-3-2   総勘定元帳
 5・3-3-3   残高試算表
 5・3-3-4   決算報告書
 5・3-3-5   日商電子会計実務検定初級模擬試験問題(1)の解説と解答
5・4  日本商工会議所・電子会計実務検定試験初級の模擬試験問題(2)
5・4-1   荒川商事株式会社の第1期7月度(月次第2期)証憑等の資料
5・4-2   模擬試験問題(2)【演習 28】
5・4-3   模擬試験問題(2)の仕訳記入【演習 29】
5・4-4   模擬試験問題(2)の仕訳記入の解答
5・4-5   模擬試験問題(2)のT字勘定記入【演習 30】
5・4-6   模擬試験問題(2)のT字勘定記入の解答
5・4-7   模擬試験問題(2)の合計残高試算表作成【演習 31】
5・4-8   模擬試験問題(2)の合計残高試算表作成の解答
5・4-9   模擬試験問題(2)の精算表作成【演習 32】
5・4-10   模擬試験問題(2)の精算表作成の解答
5・4-11   模擬試験問題(2)の商品有高帳作成【演習 33】
5・4-12   模擬試験問題(2)の商品有高帳作成の解答
5・4-13   会計ソフトを利用した情報結果(2)
 5・4-13-1  仕訳日記帳
 5・4-13-2  総勘定元帳
 5・4-13-3  残高試算表   5・4-13-4  決算報告書
 5・4-13-5 日商電子会計実務検定初級模擬試験問題(2)の解説と解答