入塾生の声

第126回日商簿記検定3級合格者 T・Nさん 

 私は今春J大学を1年で中退し、これから就職へ向けてどうしようかと思案していましたところ、某資料で日商簿記の資格が就職に有利であるということを知りました。  インターネットで調べましたら地元に日本会計アカデミーという簿記指導教室があり、個別指導というスローガンに魅力を感じて入会しました。  とてもわかりやすい説明でこの上なく理解できたのですが、入会したのが時期的に遅すぎたことと、元来の怠け癖からまだ脱却していなかったため、1回目の試験はみごとに不合格となってしまいました。  その後も、いろいろな理由で集中もできずに教室へ通うのが飛び飛びになってしまい、今回の試験も自分の意識の中からは正直、かなり遠のいておりました。  ところが、ある日先生から「第126回合格対策用の資料」と「激励文」が郵送されてきまして、これを眺めているうちに前回の試験に不合格後、挫折しそうになっていた私の意識が一気に沸騰してまいりました。そして、さっそく受験の申込みをしようと調べましたら、何とその日が締切日であることがわかりギリギリで申込むことができました。先生には本当に感謝します。  本試験では先生から教えていただいた格調高い合格ノウハウと人間味豊かな塾生仲間の温かい励ましにより、結果的に高得点で合格することができました。人間、努力すれば必ず報われるのだと思いました。  今後は、大学に入り直して簿記会計以外の科目にも力を注ぐとともに、この会計アカデミーでは日商簿記2級、日商簿記1級、さらには税理士試験をめざして精進し、社会に貢献できる人材になりたいと思っています。
  • Posted at 2010-12-10 00:00:00