入塾生の声

全国経理教育協会主催 第91回法人税法能力検定2級合格者 R・Iさん

私は現在、税理士試験を目指しております。

全国経理教育協会法人税法2級を目指した動機は、税理士試験の法人税法における準備段階として資格を取得しようと思ったことです。

最初、先生から受験をしなさいと言われた時に『全国経理教育協会の法人税法なんて必要ないんじゃないか』と思いましたが、勉強していくうちに、物事には順序が必要なように、勉強にも段階が必要だと、つくづく思いました。

先生が言って下さったお陰で、無事、高得点合格することができました。

日本会計アカデミーに入会するまで、多の複数の学校に通っていましたが、授業のやり方、進め方に違和感がありましたのでインターネットで探してこのアカデミーに行き着きました。

私はこのアカデミーは他の学校と同じような教え方を個別指導形式にしただけなのかと思っておりましたが、実際に受講してみますと、理解できるまで、嫌な顔を一つされずに教えて頂けることにとても感謝しています。

また、説明内容の特徴は、誰にもわかる工夫された図を用いて基本の基本を嚙みくだくようなところだと思っています。

さらに、私のように未熟な点が多々ある者にとりまして、人間性のご指導も含めてアドバイス頂けることに、大いに感謝しています。

私は今回の法人税法2級の勉強のほかに、税理士試験簿記論や財務諸表論、日商簿記1級(上級簿記)を並行して学習していますが、上級簿記だけとってみても、その内容は日商簿記の2~3倍ではなく、7~10倍くらいのボリュームがたっぷりとあるな、と思いました。

法人税法の勉強以外の余談になって恐縮ですが、時間をかけてでも、上級簿記の一つの問題を1週間、必死に立ち向かいながら格闘して、とうとう完成した時には、さすがに「言葉には言い表せない達成感」があります。

法人税法2級の合格時の印象は、日々努力していけば、順当かつ確実に受かることができるという実感を得ました。

私自身、100点合格を目標にしていましたが、惜しくも満点ではないものの、高得点合格し、税理士試験法人税法学習の土俵に入れたことに安堵いたしました。

人間、やればできるだけの結果が素直に出るもんだなと思いました。

今後は、税理士試験簿記論、財務諸表論、そして今回の法人税法2級に続く1級を取得し、続いて税理士試験法人税法目指し、将来は多くの皆様に愛され慕われる税理士にぜひなれるように頑張っていきたいと思っています。

  • Posted at 2014-07-04 00:00:00